抗酸化ってごぞんじですか?

梅雨まっただ中、体がだるい、疲れが取れない。そんな声をよく耳にします。
それって、体の中が「サビ」ついてきているのかもしれません。
人は体に酸素を取り入れます。その酸素は体の中で栄養素と結びつき、エネルギーを作り出します。
体に入ってきた酸素がすべてエネルギーを作ることに使われたらいいのですが、余った酸素は酸化してしまいます。それってつまりは「さび」になるということです。
さびがどんどん増える、正確にいうと、活性酸素がどんどん増えることが、糖尿病、高脂血症、肝臓の機能の低下、生活習慣病、白髪やしみ、しわなどの老化を起こす原因といわれています。
じゃあ、対策はどうしたらいいかと言いますと、活性酸素を増やさないようにすればいいのです。
例えば紫外線、喫煙、ストレス、激しい運動、食品添加物の摂りすぎなどを避けるようにしましょう。
また、抗酸化作用の高い食品(ビタミンCやリコピンなど)やサプリメントを取ることも効果的です。
抗酸化作用で定評のある商品が博多金印本舗にも取り扱われているSURE様のピクノコラーゲン。ヒアルロン酸やコンドロイチンも配合されており、おすすめです!!
 
take
 
[amazon:B007PXO074]